1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナにより会社で起きた変化を改めて考えてみた

コロナにより会社で起きた変化を改めて考えてみた





みなさん、こんにちは。

はるです。

早いもので、今年も半分経過してしまいましたね。

withコロナの生活も1年半ほど経過し、環境も色々変わりましたね。やっと終わりも見えて、最後のひとふん張りですね。

社会の変化を色々な記事やニュースで見かけます。

なので今回は、自分の周りのこともちょっと振り返ってみようかと思います。


・仕事のテレワーク化



まずは一番印象に残っているものですが、仕事がテレワーク化しました。

朝の準備が楽になったり、仕事が終わった瞬間家にいるという意味で自分の時間が増えた気がします。

反面、仕事終わりに仲の良い社員の方たちと「ちょっと飲んでいくか」みたいなことが無くなったのは悲しく感じることもあります。

会社としては、会議のオンライン化などにより出張などでかかる無駄なコストや時間を削減できたのではと思いつつも、社内のイベントなどもほぼ全てオンライン化され、寂しく感じることもありましたね。

また、バーチャルオフィス「oVice」も導入されました。

実際いるかのような状態をオンライン上で表現しているサービスです。特徴的なのは、「近づいて世間話」みたいなことがオンラインでできるところです。最近では会社のイベントはZoomよりもoViceを使うことが増えてきました。よりオフラインに近い感覚で利用できるのでオススメです。


・社内コミュニケーションの変化



社内コミュニケーションについて、対面機会が減りましたが社員とのコミュニケーションが減ったのかというと僕は逆に増えた気がします。チャットと電話、oViceでのオンライン立ち話、TV会議を必要に応じて使い分けて連絡をとっています。


・人(ステークホルダー)との出会い



オンラインでの会議を導入している会社がかなりの割合を占めていることで、最初の出会いのハードルが下がったような気がします。場所を移動する必要がないので、時間やコストが削減できることが要因の一つでしょうか。ただ、実際に会った時の空気感と全く同じというわけには行かず、必要なタイミングでオフラインで会話することも重要だとシミジミ思いますね。


・多様な仕事スタイル



仕事のテレワーク化の延長で、会社に出社する必要がなくなったために、より様々な働き方が導入されつつあります。

以前記事にしたこともありますが、たとえば僕の会社ではワーケーションを積極的に導入しています。

何人かの社員の人たちと観光地で仕事をするのはとても新鮮ですね。何かの番組で放送されていましたが、ストレス指数が爆下がりするみたいです。笑





さて、コロナ禍の変化をざっと書いてみましたが、個人的に良くなっていることもたくさんありますね。

コロナ禍の変化で今までの「当たり前」が崩れたことは大きいと思います。

でも、本当に飲みに行きたいですよね。これに尽きます。笑

変異株もたくさん登場して不安の拭えない日々ですが、近くコロナが収束を願うばかりです。

それでは。




関連記事